[記事公開日]2018/01/03

菊池純礼(ショートトラック)は姉妹で何番目?成績や学歴についても!

ショートトラック

スケートのショートトラック競技で、平昌五輪代表にも選ばれた菊池純礼(きくちすみれ)選手。

菊池姉妹は、4姉妹でスピードスケート、ショートトラックで活躍し、全員が日本代表候補に入るくらいの最強姉妹です。

ここでは、菊池純礼選手の経歴や学歴と、スケートの成績について調査しました。

スポンサーリンク

菊池純礼は姉妹で何番目?

菊池姉妹は、5人姉妹です。

そして、菊池純礼さんは、一番末っ子の五女です。

次女、三女、四女、五女がスケートの世界で活躍しています。

ちなみに長女の真里亜さんは、美容師さんとして働かれているようです。

 

年齢は、長女から32歳、30歳、27歳、25歳、21歳です。

 

次女の彩花(あやか)さんは、スピードスケートの平昌オリンピックの日本代表。

三女の悠希(ゆうき)のさんと、四女の萌水(もえみ)さんと、五女の純礼(すみれ)さんはショートトラックで活躍し、悠希さんと純礼さんは平昌オリンピック代表に選ばれました。

 

四女の萌水さんは惜しくも代表は逃す結果に。

萌水さんは、「4人で行けなかったのは私の責任。申し訳なかったと親に言いたい」

とも語っており、相当なプレッシャーと戦いながら挑んできたんだろうなと感じて、そのインタビューを見てちょっとウルっとしてしまいました。

3人の姉妹には、萌水さんの分まで戦って、ぜひメダルを独占して欲しいですね。

菊池純礼の経歴や学歴は?

出身  :長野県南佐久郡

生年月日:1996年1月15日

高校  :小海高校(おうみこうこう)

所属会社:トヨタ自動車 基盤材料技術部

 

菊池純礼選手は、長野県出身で、菊池姉妹の末っ子。

高校を卒業後、トヨタ自動車に所属しています。

仕事は・・・部署の名前が難しすぎてよく分かりません^^;

スケート部に所属しており、スケート競技がメインだと思います。

スポンサーリンク

菊池純礼のスケートの成績は?

菊池純礼選手は、500mと3000mリレーでジュニア日本記録を持っています。

その他の主な成績は次の通りです。

2015年全日本距離別選手権

・1000m 優勝

・500m 3位

 

2016年全日本選手権

・1500m 2位

 

2016年世界選手権

・3000mリレー 7位

 

日本記録を持っているだけでスゴいことですが、しかもスケートをやっている姉妹全員が強いって、菊池姉妹って最強ですよね。

それにオリンピック代表に選ばれるなんて、スゴい人たちなんだなと改めて感じました。

菊池純礼選手自身、「五輪でメダルを獲得します!」と意気込んでいて、「皆さんに笑顔を届けられるように頑張ります」というメッセージに送っています。

その想いも現実になりそうな気がします。

オリンピックで菊池純礼選手がメダルを獲得して、笑顔の姿にも注目ですね。

 

菊池純礼さん(ショートトラック)の経歴やスケートの成績ついてお伝えしました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。