[記事公開日]2018/02/24

出雲おろち大根(島根県)のアレンジ商品!通販や値段はいくら?

大根

島根県出雲市の出雲おろち大根が満天青空レストランで特集されます。

出雲おろち大根は、激辛の辛味大根(ハマダイコン)を品種改良して、島根大学の小林伸雄教授が開発しました。

そのまま食べるのはキツいですが、蕎麦やしゃぶしゃぶの薬味や天ぷらにしたりするととても美味しく食べられるようです。

また、出雲おろち大根(別名スサノオ)を手軽に味わえるおろしソースは、どんな料理にも合うと評判!

ここでは、通販や値段についてご紹介します。

スポンサーリンク

出雲おろち大根ソースの通販は?

出雲おろち大根の時期は冬のみで、一般にもあまり出回らないため、稀少性がとても高い大根です。

そんな貴重な大根を一年中味わえるようにしたのが、出雲おろち大根みぞれ ソース!
出雲おろち大根みぞれソース200ml【出雲市・山太販売】

この瓶の細さには、何か秘密があるのか気になってしまいますね。

 

さっぱりとした、みぞれソースで料理の引き立て役にお試しあれ♪

お値段は、756円です。

出雲おろち大根について

出雲おろち大根は、島根大学の小林伸雄教授が開発した大根です。

もともと出雲地域で育つ「ハマダイコン(浜大根)」をもとに、品種改良を進めてきたそうです。

2003年より、種子の販売をはじめ、島根県内の生産者の育成がはじまりました。

現在では、島根県内のみで栽培されているそうです。

スポンサーリンク

小林伸雄教授について

小林伸雄教授は、島根大学生産資源科学部の教授で、園芸植物の品種改良などをテーマに研究されているそうです。

出身大学は筑波大学です。

島根大学での就任前は、京都大学大学院の助手としても活躍されている農学のエキスパートです。

そんな小林伸雄教授が生み出した「出雲おろち大根」を料理のアクセントに使ってみてはいかがでしょうか^^

 

大根を調べていて、大根の色って白以外にもあるという事がわかりました^^;

真っ黒な大根があって、この色にはちょっとビックリしますよ!
【世界の根菜】黒長大根/小袋

ちょっと見た目怖いですが^^;

 

大根には体温を上げ、免疫力を高める効果もあるので、普段の料理にも取り入れてみてくださいね^^

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。