[記事公開日]2018/03/09
[最終更新日]2018/03/12

石川県知事選挙の結果速報2018!立候補者の経歴と開票結果!

石川県

2018年3月11日投開票、石川県知事選挙の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

石川県知事選挙の立候補者は、小倉恵美さん(無所属)、谷本正憲さん(無所属)の2名です。

【速報】現職の谷本正憲さんが当選です。

 

投票率は39.07%でした。

前回2014年の投票率は「44.98%」です。

スポンサーリンク

石川県知事選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の2名です。

1 小倉恵美(こくら えみ)【無所属】

共産党推薦

出身:岐阜県飛騨市

年齢:65歳

学歴:

・岐阜県立斐太高校 卒業

・金沢大学医学部付属衛生検査技師学校 卒業

職歴:

・臨床検査技師

・石川県労働組合連合

 

2 谷本正憲(たにもと まさのり)【無所属】

自民党、民進党、社民党推薦

出身:兵庫県西脇市

年齢:72歳

学歴:

・兵庫県立西脇高校 卒業

・京都大学 卒業

職歴:

・自治省(現・総務省)

・石川県副知事

・石川県知事(6期目)

石川県知事選挙の結果速報

21時50分時点(開票率:37.37%)

1 小倉恵美 26,198票

2 谷本正憲 111,269票

 

22時50分時点(87.58%)

1 小倉恵美 64,040票

2 谷本正憲 256,213票

 

0時25分確定(100%)

1 小倉恵美 72,414票

2 谷本正憲 288,531票

スポンサーリンク

石川県知事選挙の各候補者の公約

各立候補者の公約は次の通りです。

県知事選挙

小倉恵美

・原発ゼロ

・再生可能エネルギーで地域振興

・子どもの医療費負担の軽減

・保険料の軽減

・どの子どももわかる教育環境を整える

 

谷本正憲

・子育て先進県の推進

・福祉、医療の充実

・防災、減災対策の推進

・防災士の育成などの地域防災力の向上

・東京国立近代美術館工芸館の移転整備

・新県立図書館の整備

・金沢城の復元

・企業の人材確保、活用支援

・農林水産業を含めた産業の成長支援

・北陸新幹線敦賀延伸の整備推進

・金沢港の機能強化

・国内外からの誘客促進

【関連記事】石川県議会議員補欠選挙の結果速報2018!立候補者と開票結果!

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。