[記事公開日]2017/11/26
[最終更新日]2018/04/18

市川市長選挙の結果速報2017!開票経過と当選者は?

千葉県

11月26日投開票、市川市長選挙(千葉県)の開票速報と結果速報をお伝えします。

【速報】いずれの候補者も法定得票数(有効投票総数の1/4)に届かなかったため、再選挙が行われます。

投票率は30.76%です。

前回2013年の投票率は「21.71%」でした。

【再選挙について】市川市長選挙の結果速報2018!立候補者の経歴と開票結果!

スポンサーリンク

市川市長選挙の結果速報

立候補者は届出順に次の5名です。

1 村越祐民【無所属】(元衆議院議員)
→民進党、共産党、自由党、社民党、市民ネットワーク千葉県推薦

2 高橋亮平【無所属】(元市議)

3 小泉文人【無所属】(元県議)

4 坂下茂樹【無所属】(元県議)
→自民党推薦

5 田中甲【無所属】(元衆議院議員)

 

22時00分時点(開票率:0.83%)

1 村越祐民 0票

2 高橋亮平 0票

3 小泉文人 0票

4 坂下茂樹 0票

5 田中甲 1,000票

 

22時30分時点(開票率:33.85%)

1 村越祐民 7,000票

2 高橋亮平 7,000票

3 小泉文人 8,000票

4 坂下茂樹 10,000票

5 田中甲 9,000票

 

23時00分時点(開票率:77.61%)

1 村越祐民 23,000票

2 高橋亮平 14,000票

3 小泉文人 14,000票

4 坂下茂樹 17,000票

5 田中甲 26,000票

 

0時05分時点(開票率:100%)【再選挙へ】

1 村越祐民 28,109票

2 高橋亮平 20,338票

3 小泉文人 16,778票

4 坂下茂樹 27,725票

5 田中甲 26,128票

 

有効投票数は119,078票。

5名ともに、有効投票数の1/4(29,770票)に届かなかったため、公職選挙法により再選挙が行われます。

再選挙はいつなのか日程は未定です。

 

「当選人なし」に対して、14日間は異議申し立てができます。

異論がなければ、50日以内に再選挙が行われます。

2週間の異議受付期間、告示から投票日の1週間、年末年始の事を加味すると、再選挙の日程は、12月24日、1月14日が有力なのではないかと思われます。

【追記】異議申し立てがなければ1月7日告示、1月14日に投票が行われることが決定しました。

しかし11月29日、元市議から選挙の開票作業が不透明との異議申し立てがあったため、この決定は取り下げることになりました。

【追記】2018年4月22日実施で決定しました。

スポンサーリンク

市川市長選挙の各候補者の公約

各立候補者のスローガン、公約は次の通りです。

村越祐民

「いちかわ超改革」

・教育費の負担軽減

・子供食堂支援

・小中学校の給食費の負担軽減

・待機児童問題の解決

・市長と市民の対話の機会を作る

・公有地の活用

・可能な限り市役所の窓口を駅近くに集約させる

・防犯灯のLED化を早期実現

 

高橋亮平

「新市川構想で新しい市川へ」

・習い事や塾代金支援

・放課後学習支援

・メディアパークの24時間営業化

・中小企業の売上向上コンサル支援

 

小泉文人

「ヒトが主役のマチづくり」

・プラチナパスカードの発行

・市長報酬50%カット

・議会の除法公開

・待機児童ゼロ

・人口増加(目標55万人)

・スポーツ教育の推進

 

坂下茂樹

「市民の生活に直結する政治!」

・保育園、放課後保育クラブ、高齢者施設の待機者対策

・障害児、障害者、高齢者が安心して暮らせるまちづくり

・雇用の創出

・学校教育の充実

・救命率の工場

・消防力の強化

・無電柱化の推進

・相談窓口の設置

 

田中甲

「市川市政100周年に向けて」

・60万人都市達成

・情報公開と行財政改革

・電線の地中化

・自然災害時の人命救済システムの強化

・京成戦の立体化

【関連記事】市川市議会議員補欠選挙の結果速報2017!開票経過と当選者は?

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。