[記事公開日]2018/02/04
[最終更新日]2018/02/05

東広島市長選挙の結果速報2018!立候補者の経歴や公約は?

広島県

2月4日投開票、東広島市長選挙(広島県)の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

【速報】前副知事の高垣広徳さんが当選です。

 

投票率は「35.86%」です。

前回2014年の投票率は「30.88%」でした。

スポンサーリンク

東広島市長選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の3名です。

1 前藤英文【無所属】(元市職員)

名前:前藤英文(まえとう ひでふみ)

年齢:60歳

高校:基町高校 卒業

大学:関西学院大学 卒業

 

2 高垣広徳【無所属】(元副知事)

名前:高垣広徳(たかがきひろのり)

年齢:64歳

高校:福山誠之館高校 卒業

大学:大阪大学工学部 卒業、中央大学法学部 卒業

 

3 有田清士【無所属】(会社社長)

名前:有田清士(ありた きよし)

年齢:29歳

高校:西条農業高校 卒業

大学:島根大学 中退

県知事選挙

東広島市長選挙の結果速報

22時00分時点

1 前藤英文 9,000票

2 高垣広徳 9,000票

3 有田清士 2,000票

 

22時30分時点

1 前藤英文 19,843票

2 高垣広徳 28,860票

3 有田清士 3,140票

 

22時45分確定

1 前藤英文 19,921票

2 高垣広徳 29,048票

3 有田清士 3,169票

スポンサーリンク

東広島市長選挙の各候補者の公約

各立候補者のスローガン、公約は次の通りです。

前藤英文

「市民視点を大切に共に創る快適で活力のある街」

・学園都市力の発揮

・地元産業の活性化と企業誘致

・子育て 教育 福祉環境の充実

・移住 定住の促進

・環境先進都市の構築

 

高垣広徳

「輝け県央の地、東広島」

・大学などの知的資源を活用した創業の支援

・中小企業の生産性向上に向けた支援

・新たな投資誘致

・農林水産業の経営力強化と担い手の育成

・魅力ある環境拠点づくり

・小さなん拠点とネットワークの形成

・公共交通の利便性向上

・人と自然と技術の工夫による次世代環境都市形成

・女性の活躍と男女共同参画の推進

・広島空港の拠点性向上

・安心して子どもを育てられる環境整備

 

有田清士

・30年後を見据えた市政運営

・マーケティング経験を活かした東広島市の魅力発信

・新たな発想の市政運営!

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。