[記事公開日]2017/10/05

福山哲郎(立憲民主党の幹事長)の経歴や選挙区はどこ?

民進党の福山哲郎元官房副長官が、10月5日、民進党に離党届を提出し、枝野幸男誌の新党「立憲民進党」に参加することを表明しました。

さらに、幹事長に就任します。

 

では、福山哲郎氏のプロフィールや、選挙区はどこなのか見てみましょう。

スポンサーリンク

福山哲郎の経歴や大学は?

名前  :福山哲郎(ふくやまてつろう)

出身  :東京都

生年月日:1962年1月19日(55歳)

学歴  :

 京都府立嵯峨野高校(さがの)卒業

 同志社大学法学部法律学科卒業

 京都大学大学院法学研究科修士課程修了

 

嵯峨野高校は、京都府の高校で3位に入るほどで、偏差値は71という難関校のようです。

 

大学は、関関同立とも言われる関西の難関校・同志社大学を卒業。

ちなみに関関同立は、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学となります。

 

1986年~1990年まで、大和証券に勤めました。

大和証券を退職後、松下政経塾に入塾し、政策調査室長などを勤めます。

1995年には、京都大学大学院法学研究科修士課程修了。

 

1998年に初当選し、現在まで4回当選し、国会議員を務めています。

スポンサーリンク

福山哲郎の選挙区はどこ?

福山哲郎氏は、10月22日の衆院選には出馬しません。

それは、福山哲郎氏は、参議院議員であるためです。

 

 

福山哲郎氏の選挙区は、参議院京都府選挙区です。

1998年(第18回) 初当選(無所属)

2004年(第20回) 当選

2010年(第22回) 当選

2016年(第24回) 当選

 

参議院議員の任期は、6年で3年ごとに半数を改選します。

これまで、4回連続で当選しています。

 

ちなみに、与党第1党の幹事長は、首相と同じ衆議院議員が担当していました。

しかし、民主党の野田首相の政権では、参議院の輿石東(こしいしあずま)氏が党幹事長に就任。

参議院から与党第1党幹事長に就任したのは、輿石東氏が初となります。

 

衆院選公示(10月10日)まで時間が迫っており、福山哲郎幹事長は、立憲民主党の公約策定や候補者の擁立に追われることになりそうです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。