[記事公開日]2018/01/28

太宰府市長選挙の結果速報2018!立候補者の経歴や公約は?

福岡県

1月28日投開票、太宰府市長選挙(福岡県)の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

【速報】元衆議院議員の楠田大蔵さんが当選です。

 

投票率は「42.17%」です。

前回2015年の投票率は「52.91%」でした。

スポンサーリンク

太宰府市長選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の2名です。

1 木村甚治【無所属】(元教育長)

自民党、公明党推薦

名前:木村甚治(きむら じんじ)

年齢:64歳

高校:西南学院高校 卒業

大学:福岡大学 卒業

 

2 楠田大蔵【無所属】(元衆議院議員)

名前:楠田大蔵(くすだ だいぞう)

年齢:42歳

高校:久留米大学附属高校 卒業

大学:東京大学 卒業

県知事選挙

太宰府市長選挙の結果速報

確定(開票率:100%)

1 木村甚治 11,157票

2 楠田大蔵 13,103票

スポンサーリンク

太宰府市長選挙の各候補者の公約

各立候補者の公約は次の通りです。

木村甚治

・学力向上宣言プロジェクトの継続

・待機児童の解消

・子育て世代包括支援センターの設置

・地域包括支援センターの増設

・地元産業の育成

・ITなどの祭典たん技術を大胆に活用

・地域交通体系の見直し

 

楠田大蔵

・徹底した情報公開に取り組む

・市政再建

・市民参画の行政づくり

・教育、子育てのサポート

・大太宰府構想の推進

・渋滞解消

・防衛省と自衛隊との連携

 

【関連記事】芦刈茂(福岡県太宰府市長)の経歴や政党は?評判についても!

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。