[記事公開日]2018/01/28

伊達市長選挙の結果速報2018!立候補者の経歴や公約は?

1月28日投開票、伊達市長選挙(福島県)の立候補者の経歴・公約と結果速報をお伝えします。

【速報】新人の須田博行さんが当選です。

 

投票率は「54.12%」です。

前回2014年の投票率は「59.95%」でした。

スポンサーリンク

伊達市長選挙の候補者の経歴は?

立候補者は届出順に次の5名です。

1 仁志田昇司【無所属】(現職)3期目

名前:仁志田昇司(にしだ しょうじ)

年齢:73歳

高校:東京学芸大学附属高校 卒業

大学:東京大学 卒業

 

2 橘典雄【無所属】(元市議)

名前:橘典雄(たちばな のりお)

年齢:68歳

高校:保原高校 卒業

 

3 高橋一由【無所属】(元市議)

名前:高橋一由(たかはし かずよし)

年齢:65歳

高校:保原高校 卒業

 

4 遠藤保二【無所属】(元県議)

名前:遠藤保二(えんどう やすじ)

年齢:69歳

高校:保原高校 卒業

大学:関東学院大学 卒業

 

5 須田博行【無所属】(県北農林事務所長)

名前:須田博行(すだ ひろゆき)

年齢:59歳

高校:福島高校 卒業

大学:宇都宮大学 卒業

県知事選挙

伊達市長選挙の結果速報

1 仁志田昇司

2 橘典雄

3 高橋一由

4 遠藤保二

5 須田博行

スポンサーリンク

伊達市長選挙の各候補者の公約

各立候補者の公約は次の通りです。

仁志田昇司

・安心して子育てのできるまちづくり

・安心して歳がとれるまちづくり

・復興道路の完成に合わせた地域振興策の推進

・風評被害の解消

・農作物のトップセールス

・市民ホールの建設

 

橘典雄

・5万人の移住推進

・堂ノ内にイオンをオープンさせる

・市長の無報酬

・副市長、教育長も実費弁償制にする

 

高橋一由

・給食費の無料化

・除染の総括と実行

・水道料金の減額

・企業誘致、大型店の実現

・中山間地対策の強化

・デマンドタクシーを70歳以上無料化

・敬老祝い金の復活

 

遠藤保二

・交通産業の整備

・雇用、環境、農業の整備

・子育て、教育、スポーツ文化の促進

・福祉、介護、危機管理の強化

 

須田博行

・田園都市「伊達」の創設

・身近な市政の実現

・ブランド農産物の生産拡大

・再エネ発電の推進

・働きながら子育てできる保育環境の充実

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。