[記事公開日]2017/08/30
[最終更新日]2018/02/14

カーリング中部電力メンバーの名前と出身や年齢は?仕事内容は?

謎

競技として知名度が上がってきたカーリング。

試合ももちろんですが、アイドル並みのルックスを持つ選手にも注目されていますよね。

 

オリンピック代表を狙う中部電力女子カーリングチームにも可愛い選手が勢ぞろいです。

では、中部電力カーリング女子チームのメンバーをご紹介していきます。

スポンサーリンク

カーリング中部電力のメンバー

メンバーは5人です。

松村千秋(スキップ)

清水絵美(サード、主将)

北澤育恵(セカンド)

石郷岡葉純(リード)

中嶋星奈(リザーブ)

中部電力カーリングのメンバー

左から、松村選手、清水選手、北澤選手、石郷岡選手、中嶋選手です。

各メンバーのプロフィールとポジションの役割を見ていきましょう!

スキップの松村千秋のプロフィール

松村千秋(まつむらちあき)

1992年10月生まれで、長野県北佐久郡軽井沢町の出身です。

カーリング歴15年の現在24才です。(2017/9 現在)

長野県立小諸商業高校(こもろしょうぎょうこうこう)を卒業。

 

松村選手はチームの柱で長女的な存在です。

サードの清水絵美のプロフィール

清水絵美(しみずえみ)

1990年12月生まれで、長野県北佐久郡軽井沢町の出身です。

カーリング歴16年の現在26才です。(2017/9 現在)

長野県立軽井沢高校を卒業。

 

チーム最年長で、キャプテンも務めています。

安定感のあるショットを放てる選手です。

セカンドの北澤育恵のプロフィール

北澤育恵(きたざわいくえ)

1996年10月生まれで、長野県佐久市の出身です。

カーリング歴6年の現在20才です。(2017/9 現在)

長野県立臼田高校(うすだこうこう)を卒業。

 

北澤選手はチームの中堅として、石郷岡選手とともに皆を引っ張ります。

北澤選手も可愛い選手ですよね。

 

中部電力は解散に追い込まれたことがありました。

その時、チームの中堅である北澤選手と石郷岡選手は涙を流しながら本音で自分たちが何をすべきか話し合ったそうです。

スポンサーリンク

リードの石郷岡葉純のプロフィール

石郷岡葉純(いしごうおか はすみ)

1996年6月生まれで、青森県青森市の出身です。

カーリング歴8年の現在21才です。(2017/9 現在)

青森県立青森高校を卒業。

 

メンバー唯一の長野県外出身です。

他のメンバーは、県外出身で身近に知り合いがいない石郷岡選手のことを気にかけてくれるそうです。

また、メンバー全員仲が良く、一緒に遊んだりするそうです。

石郷岡選手は英語も堪能で、海外遠征や外国人コーチとのコミュニケーションの仲介役となっているそうです。

リザーブの中嶋星奈のプロフィール

中嶋星奈(なかじませいな)

1997年12月生まれで、長野県北佐久郡軽井沢町の出身です。

カーリング歴5年の現在19才です。(2017/9 現在)

長野県立軽井沢高校を卒業。

 

メンバーの中では、一番年下で末っ子的な存在だそうです。

まだあどけなさが残っていて可愛らしいですよね。

ポジションの役割

カーリングチームは、「リード」、「セカンド」、「サード」、「スキップ」、「リザーブ」で構成されます。

投げる順番は基本的に、

リード(1、2投目)

セカンド(3、4投目)

サード(5、6投目)

スキップ(7、8投目)

となります。

 

リザーブは控え選手で、「フィフス」とも呼ばれます。

スキップはチームの司令塔で、自分の投球時以外は、ハウス(円の中心)に立って指示を出します。

中部電力だと、松村千秋選手がこの役割を務めます。

 

こちらは2月に行われた日本選手権の試合です。

最初に選手紹介があるので、見てみてください。

また動画の最後のほうには、中部電力のインタビューもあります。

試合には出ていませんが、中嶋選手が個人的には好きです 笑

カーリングメンバーの仕事内容は?

5人は日中は、中部電力の社員として働いています。

5人それぞれの細かな仕事内容までは分かりませんが、石郷岡選手を例に挙げると、電気工事店の窓口・電話対応や伝票の回収などの業務を行なっているそうです。

また、電気工事の試験勉強に励むなど、業務とカーリングの練習を両立していていてハードだなと思いました。

 

中電の女子カーリングチームは、主力の引退・移籍やメンタルの弱さが出たりと解散の危機まで追い込まれました。

実は、今回対戦したLS北見のエース藤沢五月選手は、2015年4月までは中部電力の中心選手として活躍していました。

藤沢選手の移籍は中部電力にとっては大きな痛手だったと思います。

 

しかし、しっかりとコミュニケーションを取ることを重視して練習に取り組んでいった結果、チームを立て直すことができ、ここまで来ることができたんだと思います。

 

平昌(ピョンチャン)五輪代表決定戦では、LS北見に破れ、惜しくも代表の座は獲得できませんでした。

この悔しさをバネに更なる進化を見せてほしいですね。

また、LS北見のオリンピックでの活躍を期待しましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)