[記事公開日]2017/12/20

舞台鑑賞に初めて行くときの持ち物や服装は?髪型についても!

舞台鑑賞

ここ最近、漫画を原作にした2.5次元ミュージカルや、テレビに出ているアイドルやタレントがミュージカルに出演していますよね。

そんなこともあり、舞台に興味が湧いた人も多いと思います。

けれど、初めてのミュージカルや舞台でマナーや服装のルールはあるの?って思いますよね。

 

私も初めて舞台を観に行ったときは、敷居の高いイメージからとても緊張した思い出があります。

 

なので、舞台鑑賞初心者でも安心できるようにルールや服装についてお伝えします。

スポンサーリンク

舞台鑑賞に行くときの持ち物は?

まずは舞台を観に行くときに便利な持ち物や注意点をいくつか紹介します。

一番必要なのはカバンです。

劇場では他の公演の紹介が入ったパンフレットをたくさんもらいます。

大きめのカバンで行くことがオススメです。

とは言っても、パンフレットはA4サイズであることがほとんど。

A4サイズが入る大きさであれば十分ですよ!

 

また、舞台を観ていると感情移入してしまい、涙を流して声をあげてしまうなんて事もなきにしもあらずです。

それ以外にも、咳き込んでしまうと他のお客さんの迷惑になってしまいます。

ハンカチやのど飴などは持っていったほが良いと思います。

 

 

そのほかに、出演者の顔をしっかりと見たい!

そんな場合に備えて、双眼鏡(オペラグラス)があると便利ですよ。

私も好きな俳優の舞台には必ず持っていきますし、前のほうの席に座ってる時でも使っています^^;

 

こちらは、レンズが大きいけど軽いので人気を誇っているオペラグラスなので、お手頃でいいですよ!
【楽天ランキング1位】双眼鏡 10倍 コンパクト 軽量 コンサートに最適 オペラグラス

最近では、オペラグラスの種類も豊富になっているので、可愛いもの、カッコいいものを探してみてくださいね。

舞台鑑賞に行くときの服装は?

持ち物が揃ったら次は服装ですね。

舞台を観に行くときって、清楚な格好やスーツじゃなきゃいけないんでしょうか?

なんか格式高いイメージがありますが、全然そんなことはありません。

 

普通のカジュアルな格好で大丈夫ですよ^^

ただ、ボロボロのシャツや汚れた靴など、あまりにも清潔さを欠くものはやめてくださいね。

気合を入れて派手な格好をしすぎると浮いてしまうこともあるので、これもまた気をつけたいポイントです。

 

それと、会場によっては冷房がきいていて寒いこともあります。

カーディガンや女性の方は膝掛けがあるといいと思います。

そして、ずっと座りっぱなしなので、ゆったりした服のほうが落ち着ちつけます。

ゆったり目のカジュアルな服装で舞台を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

舞台鑑賞に行くときの髪型は?

男性の方は髪型をあまり気にする必要はなのですが、女性の方は少し気にしたほうがいいですよ。

なぜかと言うと、あまりボリュームの高い髪型にしてしまうと、後ろの席の方が舞台を見えなくなってしまいます。

皆さん楽しみして観に来ているので、マナーとして覚えておきましょう。

 

 

あと、ポニーテールやハーフアップの髪型は、背もたれに頭がつかないので首を痛めてしまうことがあります。

 

髪の毛を後ろで結ぶ髪型は気をつけてください^^

まとめ

<持ち物>

・A4サイズが入るカバン

・ハンカチ、ティッシュ

・のど飴

・飲み物

・オペラグラス(あるとオススメ)

 

<服装>

ラフな格好でオッケーです。

寒さ対策として、カーディガンや膝掛けを持っておくといいですよ!

 

<髪型>

ボリュームがある髪型や飾りの大きいアクセサリーは避けましょう。

また、後ろで髪を結ぶ髪型は首を痛めてしまうので、気をつけてください。

 

 

思っているほど舞台は敷居が高くないです。

初心者ウェルカムなので、ぜひ緊張せず有意義な時間を過ごしてくださいね^^

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。