[記事公開日]2017/10/27
[最終更新日]2018/01/30

有田敦(山口市長選挙2017)の公約は?学歴や経歴についても!

市長選挙

山口市長選挙に立候補した元市議の有田敦(ありたあつし)さん。

市長選には現職の渡辺純忠市長、交通アナリストの湊和久も立候補しています。

ここでは、有田敦さんの公約や経歴について見てみましょう。

スポンサーリンク

有田敦の公約は?

有田敦さんは次の公約・マニフェストを掲げています。

・新市庁舎の位置は白紙に戻す

・新山口駅の北地区拠点施設の整備計画の見直し

・中核市(人口30万人以上の都市)の実現

・正直な山口っ子の育成

・待機児童(県内ワースト1)をゼロに

・支所機能の拡充

・安心、安全のまちづくり

・地域経済の活性化

・地域に根ざした人材育成

特に、新市庁舎の位置や新山口駅周辺の整備の見直しを訴えています。

また、新市庁舎の位置については、2005年の1市4町の合併時における付帯決議と、現市政の意向が異なっていることを問題に挙げています。

付帯決議とは、法的な拘束力はないけれども意思表示を示す決議のようです。

 

合併時の付帯決議は次の通りです。

将来の事務所の位置については、新市発足後、速やかに新市の事務所の位 置に関する審議組織を設置し、協議検討を行うものとする。 その協議に当たっては、新山口駅周辺が適地であるという意見を踏まえな がら、県央中核都市にふさわしい位置を考慮し、整備については新市発足後 10年を目途に審議すること。

出典:山口市ホームページより

ここには「新山口駅周辺が適地」という文言がありますが、新山口駅周辺が候補地から外れたため、市政に対して、約束と違うという声があるようです。

これに対して山口市は、

山口市全体の発展につながるまちづくりを進めていくことこそが、附帯決議を尊重することであると考えています。

としています。

(関連記事) 渡辺純忠(山口市長選挙2017)の評判と公約!経歴や学歴は?

有田敦さんは、この建て替え問題については、白紙に戻すことを公約に掲げています。

スポンサーリンク

有田敦の学歴や経歴は?

名前  :有田敦(ありたあつし)

出身  :山口県徳山市(現・周南市)

生年月日:1967年10月11日(50歳)

学歴  :

 山口県立山口高校 卒業

 専修大学経済学部経済学科 卒業

有田敦さんは、現在の周南市出身の50歳です。

小学校2年生の時に山口市へ。

山口高校、専修大学と進み、卒業後は、靴下メーカーに就職。

 

2003年の山口市議会議員選挙に出馬し、初当選。

そして今回の市長選の立候補を表明した9月11日まで市議を務めました。

 

有田敦さんが市長選への出馬表明をしたのは9月11日の議会中。

異例の事態となりました。

新市庁舎建て替えに関する有田敦さんの質問に対し、渡辺市長が理解を求めると、「理解できない。直ちに市議の職を辞し、市長選で信を問う」と発言。

有田敦さんは、この問題を前面に挙げ市長選に挑みます。

 

山口市長選挙には、交通政策を掲げる湊和久さんも立候補し、3人の戦いとなりました。

(関連記事) 湊和久(山口市長選挙2017)の高校や経歴!どんな公約?

人口30万人の中核市に向けて山口市民は、どの候補者に市政を託すのか注目です。

スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントは受け付けていません。